Exercise

筋肉が付きにくい人必見!筋トレ効果をあげるクレアチン!

(2021/3/10 作成)

突然ですが筋トレをしている人の中には次のような悩みを持っている人もいるのではないでしょうか?

「筋トレを長く続けているのになかなか筋肉がつかない」

「プロテインやBCAAを利用しているのに効果が出ない」

「効率よく筋肉を大きくしたい」

今回はこれらの悩みを解消するための一助になるであろう成分、クレアチンについて紹介したいと思います。

クレアチンを摂取し効率的な筋トレライフを手に入れましょう。

クレアチンはアミノ酸の一種

クレアチンはアミノ酸の一種です。

その大部分はクレアチンリン酸として筋肉に貯蔵されています。

そんなクレアチンリン酸は筋肉が収縮する際にエネルギーとなるATPの再生に利用されます。

クレアチンの最大の特徴は無酸素運動など強度の高い運動の際に素早くエネルギーを作り出すようにサポートしてくれる事です。

すなわち筋トレ時のエネルギーサポートをしてくれると言う事ですね。

高い瞬発力と強度がかかる場面であればあるほどクレアチンは消費されるので、消費を上回るクレアチンを摂取しておく事でより効果が期待できます。

クレアチンの効果!

クレアチンを摂取する事でどのような効果が得られるのでしょうか。

ここからはクレアチンを摂取する事で得られる効果を紹介したいと思います。

運動時のパフォーマンス向上

クレアチンは筋肉に大部分が貯蔵されており、筋収縮の際にエネルギー補給として利用されるため高強度・反復性のある運動に対して特に効果が得られます。

筋トレだけでなく陸上、バイク、スイムなど反復性運動においてもピーク時の力が持続、タイムの短縮などの研究結果が出ています。

筋肉量の増加

クレアチン単体では筋肉を作る事ができません。

しかしクレアチンを摂取する事で高強度なトレーニングを行えるようになります。

クレアチンの摂取により最大強度のトレーニングが継続できるようになるため相対的に筋肉量の増加につながるのです。

トレーニング時に5gのクレアチンを摂取するだけでおよそ、4倍もの筋肉増加効果が認められたと言う研究結果もあります。

クレアチンを摂取するタイミング

ではクレアチンはいつ摂取するべきなのでしょうか。

どうせ摂取するなら一番効率の良いタイミングで摂取したい物です。

ここからはクレアチンを摂取するタイミングについて紹介したいと思います。

食後とトレーニング後

クレアチンを摂取するオススメのタイミングは食後とトレーニング後です。

クレアチンは主にインスリンと言うホルモンによって筋肉中に運ばれます。

インスリンは炭水化物(糖質)を摂取すると分泌が促されるホルモンのため、糖質と共に摂取することもオススメです。

プロテインには糖質が含まれているものが多いため、プロテインに混ぜて摂取することもオススメです。

オススメのクレアチンサプリ

筋トレの効果をあげるクレアチンを効率よく摂取するにはサプリがオススメです。

数あるサプリの中で特にオススメのものを紹介したいと思います。

マイプロテイン クレアチンモノハイドレート

この商品のオススメポイントはこちらです。

  1. 1食あたり3gのクレアチン
  2. 250gで1,390円(公式サイト)
  3. 安価で高品質
  4. イギリスの大手メーカー

デメリットは海外製品なので、公式サイトから注文すると到着までに時間がかかります。

バルクス クレアチンモンハイドレート

  1. 1食あたり5gのクレアチン
  2. 150gで1,650円(公式サイト)
  3. 少し高価だが高品質
  4. 山本義徳完全監修

1回に5gを確実に摂取したい方に特にオススメ!

be LEGEND クレアチン

  1. 1食あたり5gのクレアチン
  2. 300gで2,980円(Amazon)
  3. コスパが良い
  4. 安心の日本製

販売は300gからとなっているので、確実に続ける方にオススメ!

まとめ

以上が筋肉が付きにくい人必見!筋トレ効果をあげるクレアチン!でした。

まとめ
  1. クレアチンは筋トレ時のエネルギーを効率的に補給してくれる
  2. 最大強度のトレーニングが可能になる
  3. 相対的に筋肉量の増加が見込める
  4. 食後とトレーニング後の摂取がオススメ
  5. サプリメントから効率的に摂取する事がオススメ

クレアチンを上手に活用する事で段違いにトレーニングのパフォーマンスが変わります。

そうすれば筋肉量も相対的に増えてくるので、効率的な筋トレライフには欠かせない物です。

上手に活用して効率的な筋トレライフを手に入れましょう。

ABOUT ME
masaki
看護師として働きながらも、NESTA PFTの資格を有しておりパーソナルトレーナーとしても活動している。 1人でも多くの人が健康で自分のなりたい体になれるように活動しています。