筋トレ・ダイエット

出勤前に筋トレをする上での注意点3点!

(2021/8/25)

出勤前にジムに行き

筋トレをしているという人もいるかと思います。

実は出勤前に筋トレをする上での注意点があるのです。

この注意点を守らないと筋トレの効果が

薄れるどころか逆に筋肉が減少してしまうかもしれません。

是非参考にして下さい。

では早速行きましょう!

出勤前に筋トレをする上での注意点

ここでいう出勤前というのは

午前5時〜8時ごろまでを前提としています。

夜勤業務で昼から出勤する方や

午前中の遅くに出勤する方は該当しないので

ご了承お願いします。

改めまして早速いきましょう!

朝食を食べよう

出勤前に筋トレをするという方は

きちんと朝食を食べているでしょうか?

起床時の体は入眠中にエネルギーを消費しているので

飢餓状態にあります。

そのような飢餓状態での筋トレでは

筋肉からエネルギーを使うこととなり

筋トレの効果が薄れるどころか筋肉が小さくなってしまいます。

朝起きてすぐは食欲がないという方は

プロテインやバナナなど吸収の早いものを

筋トレの1時間前には摂取してから

筋トレに挑みましょう!

ウォームアップをしよう

出勤前のような起床してすぐの体は

ホルモンの分泌なども十分ではなく

体は運動をする状態にありません。

その為筋トレのような高重量なトレーニングを

行うと怪我のリスクが上昇してしまいます。

日中に行う筋トレもそうですが

出勤前に筋トレする際にはウォームアップが重要になります。

ウォームアップもせずいきなり

高重量を扱うのではなく

15分程度でも良いので軽くウォーキングなどで

体を温めてから筋トレに臨みましょう!

血圧や脈を測ろう

先ほどの項でも記載したように

起床時はホルモンの分泌が十分ではなく

血圧や脈拍も活動する体制には入っていません。

その為起床すぐに筋トレのような

高重量なトレーニングを行うと

血圧や脈拍の変化が大きくなってしまいます。

血圧の大きな変化は体にとって大きな負担となり

人によっては脳出血などの

大きな疾患につながることもあります。

せっかく健康のために筋トレをしているのに

病気なってしまっては元も子もありません。

健康のためにも血圧、脈拍をはかり

安全に留意した状態で筋トレを行いましょう!

まとめ

以上が出勤前に筋トレをする上での注意点3点!でした。

まとめると

  1. 朝食を食べよう
  2. ウォームアップをしよう
  3. 血圧、脈拍を測ろう

でした。

出勤前のような早い時間の筋トレは

紹介したようなことに注意して

行なっていきましょう!

ではまた次回!

ABOUT ME
masaki
パーソナルトレーナー資格を有している看護師。トレーナーとしても活動する傍ら、誰でも筋トレで理想の自分になれるように情報を発信しています。