4/4 出発前日

出発を明日に控えた今日は、いつもと代わり映えのすることのない平凡な1日だった。
ただ天気は良かったし、桜も綺麗だった。これが曇りだったら、うんざりするだけの1日だったと思う。

朝から入院している友達の見舞いに行き、病室で2時間程度たわいのない会話。話をしている場所が病室と言うだけで、本当にくだらない、学生時代と変わらない会話だった。ただ帰国した後は、そのくだらない会話を病室の外で出来るように願っているのは確かな事実。

帰宅後は飛行機の中などで読むために買っておいた小説を読んで過ごす。
よくある刑事が犯人を追うサスペンスものであり、物語自体が秀逸なのは言うまでも無いが、犯人の宗教観、無意識の意識、精神など心理描写が生々しく描かれており、読んでいるこちらまで思想が混濁しそうになる。500P程であったが内容が面白く簡単に読破出来る内容だった。ただ読んだ後に爽快感は一切ない(笑
タイトルのあなたが指すものは何か?是非読んで欲しい作品。

話が脱線したが、これから日本で最後の夕食に行く予定。

危機感が無いのは、現実感がないからだと気づいた今日この頃。

一応荷物を最終確認して明日に備えます。