世界一周 体験談

6/13 穂高ツアー、ウユニ星空・サンライズツアーへ

宿の扉を開けた瞬間、肌を刺すような冷気。吐く息は一瞬で白くなり、寒さを視覚で感じる。手がかじかむのを防ぐように、ポケットに手を入れながら空を見上げる。辺り一面に散る星が燦然と輝く。

AM3:30、ツアー会社の迎えの車が到着。同じツアーに参加する人達は乗車済み。全員日本人で車内は安心ムード。みんな南米を旅しているらしく、色々詳しい。

途中無料でダウンと長靴をレンタルし、さっそく塩湖に向かう。順調にガタガタ揺れる道路を進む。しかし、途中デモ?ストライキ?が行われており、道路が封鎖。何台もの車が足止めされており、全く進まない。結局30分程粘ったが、違うルートから行く事に。

違うルートはほぼ未舗装道路で、砂埃で視界は塞がれ、至る所に砂漠で見るような草が生えている。そんな中、4駆の車は大型動物のように走り抜けていく。本来の姿を取り戻して、生き生きとしているように感じるほどに。

荒れた道無き道が徐々に白く変わっていく。気がつけば辺り一面塩。塩湖の名に相応しい。


ここで余談。何故標高が富士山ほどの場所に塩が有るのか。

ウユニ塩湖

数百万年前にアンデス山脈が隆起した際、海底が海水ごと持ち上げられ取り残された。やがて海水が干上がるに従って水分の中の塩が固まり、いくつかの塩湖となったらしい。

流れ込む川のないウユニ湖は、一面真っ白な塩に覆われ、今でも湖には塩分の濃い水が染み出している。

塩湖の大きさは約120km×約100kmあり、面積は約1万2000km2、約20億トンという膨大な塩がここにあることになるらしい。


そうこうしているうちに到着。残念ながら到着時、雲が辺りを覆い星空は見れなかったが、暗闇を利用してちょっとした遊びを。

ボリビアで無事パリピデビュー。煌煌としたネオンのような光とは無縁な人生だったけど、まさかここで触れ合うとは。

これらの写真は、一眼レフを渡せばガイドが全てやってくれる。今日ほど、荷物の中で1番重い一眼レフを持ってきて良かったと思った日はない。

この場所でサンライズまで待機。塩湖は遮るものがなく、風が直接当たる為、寒さがより強く感じる。そして、何より辺りは一面水。長靴の中の足は、冷たいを通り越し痛い。写真を撮る手もすぐに痛くなる。そして高山病の頭痛。全末端の痛み。もはや修行。

いつも思うけど、美しい場所に行くには試練がある。だから美しいさを保持できているんだろうけど。

徐々に空が白んでいく。水が光を反射し、辺りを鏡に変えていく。空と陸の境目はなくなりあらゆる物が浮いて見える。気がつけば、身体の痛みは感じなくなり、ただただ景色の一部になってしまう。想像を越えて美しい。乾季なのに水が張っていて良かった。

まぁ百聞は一見にしかず。

一緒にツアーに参加した人達とも記念撮影。

https://masaki-blog.com/wp-content/uploads/2019/06/img_3875-1.mov

喉元過ぎれば熱さも忘れるの逆バージョン、感動薄まれば寒さと痛み思い出す。帰りはしっかり、頭痛を持ち帰りました。肉体的なポイ捨ても許されなかったですね。

帰りも塩の中を駆け抜けて行く。運転が楽しそうで、代わってもらいたかった。

https://masaki-blog.com/wp-content/uploads/2019/06/img_3883-1.mov

AM8:00 宿到着。宿で朝食を済ませて現在に至る。気がつけば高山病消失。そろそろ身体が慣れてきたかな。ただちょっと階段を登るだけで、あいも変わらず動悸はする。

今日はこれから特にすることもなし。明日は丸一日ツアーなので、身体を休める。

噂によればブラジルのVISAが6/17になくなるみたいなので、イグアスの滝ブラジル側からも挑戦出来るみたい。今日一の朗報。

ABOUT ME
masaki
ICUで働いている看護師。パーソナルトレーナーの資格も有しており、トレーナーとしても活動している。 読書と旅行が好きで、世界一周経験あり。 看護師・筋トレ・旅・本について配信しています。