世界一周 体験談

4/19 トルコで予防接種

朝から雨模様。最低気温は10℃を下回る。聞こえるのは雨の音だけ。非常に静かに感じる。朝食のビッフェを食べながら、雨が止むのを他の日本人と喋りながら待つ。

その間色々調べていると、黄熱病汚染国からオーストリアに入国する際は、イエローカード(予防接種証明書みたいなもの)が必要だと判明。アルゼンチンに行った後、オーストリア予定の為、急いで病院探し。

そうこうしているうちに、雨が止んだ為いざ出発。

宿から見える景色

病院に向かう前に軽く観光。宿のすぐ近くにブルーモスクなど有り、アクセスは非常に良い。涼しい為いくらでも歩ける。

アヤソフィア
スルタンアフメトモスク

この広場を新市街の方に抜けていくと、公園が見えてくる。

何時間でも居れそうな公園

この公園を突き抜け、旧市街と新市街を結んでいるガラタ橋を目指す。道なりに歩いているとガラタ橋に到着。

橋の上から釣りをしている人が結構居てる

橋を渡りきった後、すぐに右に曲がり500m程歩くと病院が見えてくる。

クリニックみたいな感じ

イエローフィーバーワクチンと連呼していたら、問診票ゲット。英語で何を書いているかわからなかったけど、NOの項目にチェックを入れまくり、無事通過。(ちなみにパスポートの提示を要求されます。)

接種前に所定の銀行でお金を振り込んで欲しい(3000円程度)と言われた為、その銀行探し。街の人に聞きまくり、無事到着。トルコの人は親切だからネット環境なくても、辿り着けた。

銀行で支払いを済ませ、病院へ。

振込明細書

振込の際、よくわからないけど、名前以外にサインを求められた為、適当にサインをする(写真の心電図みたいなやつがサイン)。係りの人に、凄く笑われたが何とか通過。

病院へ戻りやっと接種。

イエローカード

日本で受けたWHOのカードをわすれたけどあ、何とかゲット。これで南米も臆せず向かう事ができる。

途中レストランでサバサンドを食べる。久しぶりに美味しい物に出会え、生き返った気持ちになった。病院の人も、店の人も親切で涙が出そうになる。人を信用できるという事は素晴らしい事だと実感。

サバサンドとコーラで20TL(約400円)

一旦休憩して、また街ブラしようかと思います。

ABOUT ME
masaki
救命センターICUで働いている看護師。パーソナルトレーナーの資格も有しており、トレーナーとしても活動している。 身体的・精神的に健康を増進できるような情報を発信しています。