[ 旅(海外オススメ) ]

世界一周 オススメの国 アメリカ

かなりの時間が空いてしまい、久しぶりの更新です。

巷ではコロナ騒ぎが落ち着いてきましたが、個人的にはまだまだ日常が戻ってきたと言う実感は薄いですね。

自粛騒ぎもあって、ストレスフルな日常をこのブログを読んで少しでも忘れてもらえたら幸いです。

では早速行きましょう。今回紹介する国は、世界一周中13カ国目に訪れた国。

自由の国 アメリカ

まずは基本情報から。

<アメリカ基本情報>

Amazon | アメリカ 国旗 星条旗[ 卓上旗 国旗 16×24cm 高級テトロン ...

1.人口

約3億2572万人

2.首都

ワシントン特別行政区

3.人口構成

白人61.6%、ヒスパニック系17.6%、アフリカ系13.3%、アジア系5.6%、アメリカ先住民1.2%など

単一民族の日本から考えるとピンとこない人種の数々ですね。

4.言語

英語が主に使用されているが、法律上の定めはなし。スペイン語も高域にわ立って使用されている。

5.通貨

単位はドルとセント。2020/6/3現在1ドル108.59円。

6.電圧とプラグ

電圧は120ボルト。3つ穴のプラグ。100ボルト、2つ穴の日本製品も使用できるが、わずかに電圧が違うため注意が必要。

特にドライヤーや各種充電器などを長時間使用すると加熱する場合もあるため、時間を区切って使うなどする必要がある。

7.チップ

レストランやタクシー、ホテルの宿泊など、サービスを受けたときにチップを渡すのが慣習となっている。額は、特別なことを頼んだ場合や満足度によって異なるが、以下の相場を参考に程度に。

・レストラン

合計金額の15~20%、サービス料が含まれている場合は、小銭程度をテーブルやトレイに残して席を立つ。

・ホテル宿泊

ベルボーイは荷物の大きさや個数によって1個につき$2~3。荷物が多い時はやや多めに。ベットメイキングは枕元に$2。

8.飲料水

水道の水をそのまま飲む事も出来るが、ミネラルウォーターを購入する事が一般的。

9.日本からのフライト

直行便の場合、成田からロスアンゼルスまで約10時間、ヒューストンまで約12時間、シカゴまで約12時間、アトランタまで約12時間30分、ニューヨークまでは約13時間。

10.時差

アメリカ本土には4つの時間帯がある。太平洋標準時は日本時間−17時間、山岳部標準時は−16時間、中部標準時は−15時間、東部標準時は−14時間。

11.ビザ

90日以内の観光、商用が目的であれば基本的にビザは不要。ただし、頻繁にアメリカ入出国を繰り返していたり、アメリカの滞在が長い人は入国を拒否される事がある。

なおビザ免除者はESTAによる電子渡航証明書の取得が義務付けられている。

12.パスポート

パスポートに残存有効期間は、入国日から90日以上ある事が望ましい。

13.治安

日本人の遭いやすい犯罪は、置き引きやひったくりなど。犯行は複数人で及ぶ事が多く、一人が気をひいいているすきに、カバンを奪ったりする。

日本語で親しげに話しかけ、言葉巧みにお金を騙し取るケースも多い。

<僕がアメリカで行った場所紹介>

僕がアメリカで行った場所は、ニューヨーク

当時はアベンジャーズ最盛期だったので、テンション上がりまくりでしたね。スパイダーマンが戦っていた橋、作中で破壊され尽くしていた街々。いやー、素敵でした。

では個人的な感想も含めながら、ニューヨークの紹介。

ニューヨーク

あらゆる人種と文化が混在する巨大都市ニューヨーク。

アメリカの縮図であり、かつ最もアメリカらしくない町とも言われる。

同時にここはアメリカで一番多く旅行者が訪れる観光都市である。

時代を先駆けた芸術やエンターテイメントから、グローバル経済を揺さぶる金融活動まで、世界へ向けての発信源でもあり続けるこの町には、人種や国籍を超えて超一流の頭脳と才能が集まる。

そしてここで暮らす人々は、意志や目的が違っても皆『自由』を尊重しつつ忙しく生きている。

ブロードウェイ、タイムズスクエア、5番街、グリニッチビレッジ、ソーホーなどエネルギッシュで刺激に満ちたニューヨークに是非触れてもらいたい。

個人的な感想として

タイムズスクエアに足を踏み入れた時の衝撃は忘れられない。

世界一周中に衝撃を受けたものは、人、自然、建物など様々なものに刺激を受けたが、ニューヨークのタイムズスクエアで受けた衝撃はそれとは全く別物だった。

そこにあったのは圧倒的な、世界の中心を感じさせる何か

恐らくそれは多数人種であり、建物であり、空気感などで、様々なものが複合されていると思うが、そう思わずには居られない光景だった。

東京も凄いと思っていたが、やはり世界は広い。

感じることは人それぞれなので、是非ニューヨークを訪れて、その空気感、人々から何かを感じ取って欲しい。

<アメリカ 個人的評価>

アメリカといってもニューヨークにしか行っていないので、あくまでニューヨークに行った個人的な評価だと思ってみてください。では行きましょう。

・治安

☆☆☆

これは☆3つ。日中普通に散歩している分には特に危険な感じはしませんでした。海外旅行で基本的な、荷物は肌身離さないなど注意していれば大丈夫だと思います。

ただ個人的には夜の地下鉄は怖かったですね。黒人が電車の中で暴れていて恐怖を感じずにはいられなかったです。

ニューヨークに住んでいる人と仲良くなって聞いた話では、黒人街には現地の人もあまり踏み入れないみたいです。

・食事

☆☆☆

これも☆3つですね。世界一の町なので、お金を積めばいくらでも美味しいものが食べられると思いますが、僕が食べたのは安いものばかりで、主にスーパーで買っていたので可もなく不可もなくと言ったところでしょうか。

タイムズスクエア周辺では屋台なども出ていて、安価でかなりボリュームのある食事をとる事ができるので、節約旅の人にはオススメですね。

・値段

これは☆1つ。ニューヨークはめちゃくちゃ高い。

なんと言っても高いのが宿代。評価の低いゲストハウスですら5000円ぐらいします。安くで良い宿もあるかとは思いますが、世界一周中の格安旅の中ではかなり辛いところでしたね。

食事代はスーパーに行けば、手頃な値段で購入する事ができます。

あと余談ですが、道が凄い混むのでタクシーに乗るとなかなかの値段を請求されます。

・旅のし易さ

☆☆☆☆

これは☆4つ。

インフラも整っていますし、何よりも物で溢れているので現地購入でほとんど事足ります。

英語がメインで通じますし、中学生ぐらいの英語力があればなんとなく理解はできると思います。

旅慣れていない人にもオススメですね。

・インパクト

☆☆☆

これは☆3つほどでしょうか。

タイムズスクエアを見た感動と高揚感はとても感じましたが、正直に言うとすぐに飽きると思います。

それこそ芸術が好きであったり、ショッピングが好きなのであればハマるかもしれませんが、僕はどちらかと言うと自然が好きなのでハマりませんでした。

最先端のものに触れて、お洒落なものが好きだと言う人にはオススメですね。

個人的には国連がオススメです。芸術を通して、世界の安全を伝える手法は見ていて面白かったです。

国連の旗と自分

<まとめ>

まとめると、とても旅がしやすく、刺激的な国という事でした。

旅に慣れていない人にも是非オススメですね。直行便も飛んでますし。

次回からは南米編。

いやー、ビビりまくってたな。襲われないために1ヶ月以上髭を伸ばすという、無駄な努力をしたぐらいに。

ただビビりながらも行って良かったと心から思える国ばかりでした。むしろ南米が一番面白かったんじゃないかな。

ではまた次回!!

masa

masa 奈良県出身。

1990/10/15生まれ。

看護師。
好きなもの旅行・医療・筋トレ・読書。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です