旅(海外オススメ)

世界一周 ハイライト India

更新日:

もう週の中日ですね。ここまで来たら休みまであと少し。今週も乗り切りましょう。

毎日ジョギングを始めて10日ほどになるけど、体の調子良いです。

目覚めはスッキリしてるし、なんというか、脳がスムーズに動く。

6週間ジョギングを続けると、脳の形が変わるみたいなので、今後が楽しみですね。

さて、ジョギングの話はここまでにして、毎週水曜日は旅の話。

今回は世界一周3カ国目の・・・

人の渦 インド

<治安>

<食事>

☆☆

<値段>

☆☆☆☆

<旅のし易さ>

<インパクト>

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆は5つ満点。値段は☆が多い程安い。旅のし易さは☆が多いほどし易い。

☆の解説は後ほど。

取り敢えずインドはどんな国なのかを紹介。

<インドはどんな国>

ここがインド

<首都>

ニューデリー(New Delhi)

<人口>

12億1,057万人(2011年国勢調査)
人口増加率17.68%(2011年国勢調査)

<民族>

インド・アーリヤ族,ドラビダ族,モンゴロイド族等

<言語>


連邦公用語はヒンディー語,他に憲法で公認されている州の言語が21

<経済概況>

インドは独立以来,輸入代替工業化政策を進めてきたが,1991年の外貨危機を契機として経済自由化路線に転換し,規制緩和,外資積極活用等を柱とした経済改革政策を断行。

その結果,経済危機を克服したのみならず,高い実質成長を達成。2005年度-2007年度には3年連続で9%台の成長率を達成し,2008年度は世界的な景気後退の中でも6.7%の成長率を維持,2010-2011年度は8.4%まで回復したが,欧州債務危機及び高インフレに対応するための利上げ等の要因により,経済は減速。

2014年度に入り,経済重視の姿勢を掲げるモディ新政権が成立。2014年度のGDP成長率は7.2%,2015年度は7.9%,2016年度は7.1%,2017年度は6.7%,2018年度は6.8%となった。今後の政策及び政権運営が注目されている。

と言った感じらしい。人口に関しては、現在世界一とも言われている。

インドの空港

<インドの何処に行ったのか>

僕が4日間の滞在中、インドで行った場所は

・ニューデリー

・タージマハル

大きく分けて、結局この二ヶ所ですね。

ガンジス川に行きたかったけど、時間的に厳しかった(あとメンタルも)

<星の評価>

<治安>

まずは治安からですね。これは文句なしで☆一つ。

地球の歩き方にも数ページに渡って、リスクが記載されているぐらい。

どんな被害が多いのかと言うと・・・

・詐欺

・窃盗、暴行

・事故

・感染症

危ない事はほぼ、網羅してますね。発砲事件があまりないのが、救いどころ。

僕はビビりまくってたので、大きな被害には合いませんでした。基本的に人を信じてはダメです

インドにきてから、少し人に対して強くなった気がします。

街中

<食事>

これも文句なしの☆一つ。

ただ僕はアジア料理全般好きじゃないのでかなり偏見です。

ちなみに宿で食べたカレーすら美味しく無かった。

カレーはなんか独特のスパイスみたいな味だし、米はパサパサしていて美味しくなかったです。

インドで唯一美味しかったのはチャイ

きったない鍋で、いつのかわからない牛乳に不安を覚えましたが、腹も壊さず美味しく頂きました。

ミルクティみたいな感じですね。

ちなみに一緒の部屋だった人は、食べ物に当たって病院に行ってました。

<値段>

これは☆4つ。

やっぱり安い。1万円あれば結構贅沢できる。

ちなみに僕が泊まった宿はサンタナと言う、日本人宿

一泊1000円でしたね。インドでは高め。

500円ぐらいの宿は至る所にあります。

ちなみに参考にならないと思いますが、カンボジアからインドまでの航空費は3万ぐらいでした。

宿のドミトリー

<旅のし易さ>

これは治安と比例すると思いますが、☆一つ。

なんと言っても治安が悪いですね。

道を聞いて、まともに答えてくれる人もいないし、日本人だとわかれば凄くたかられる。

知り合ったインド人に聞いた話ですが、日本人を騙す為に、みんなで協力する用のライングループを作るってるらしいです。

集団犯罪で来るので、お金で解決する事は解決しましょう。

相手はプロです。

<インパクト>

これは文句なしの☆10こ。

基準値振り切りました。世界一周で1番印象に残った国ですね。

こんな発展途上丸出しの街ばかりなのに、タージマハルの美しさに度肝抜かれる。

ほんとカオスな国です。

僕がインドに到着したのは夜11時頃だったけ

ど、道中に溢れる人、人、人。

その中で、角をぶつけ合う牛。脇を通っていく犬。

あの衝撃は忘れられないですね。

1人小さな声で「マジかぁ」って言っちゃったほど。

是非皆さんにも体験してもらいたい。

宿の子供

以上が世界一周ハイライト、インド編でした。

かなりザックりと説明しましたが、衝撃が伝われば幸いです。

次回は世界三大料理の国、トルコ編です。

では、また来週。

-旅(海外オススメ)

Copyright© masa-thing , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.