小説 オススメ 金を払うから素手で殴らせてくれないか

今週も早く、もうサザエさん。サザエさん症候群になる気配は全くないけど、毎週のリズムを感じる。

まぁサザエ症候群にならないのは当然で、テレビを見ていないからという理由以外ない。

明日から嫌だなぁとか、仕事だるいなぁとか、腹立つ上司殴り倒したいなとか、腹立つ後輩殴り倒したいなとか、みんな色々なことを思うだろうな。

僕は殴りたい人が全くいないけど、タイトルを見て買ってしまった本を紹介。

その名も

金を払うから素手で殴らせてくれないか

面白い度 ☆☆☆

著者:木下 古栗

1981年、埼玉県出身。2006年に「無限のしもべ」で群像新人文学賞を受賞。

「いい女vsいい女」で絲山賞を受賞。

[内容]

3部からなる短編集。内容は・・・

そう、内容は・・・

うーん、説明がかなり難しい。ストーリーの説明が出来ないな。面白いんだけどな。でもストーリーの説明は出来ない。そんな不思議な小説とでも言っとこうかな。

脈絡なく急に話が変わるし、重要な出来事が一行で終わるし、大したことない事を長々と書いているし、読んでいて振り回される。

ジェットコースターみたいに話が流れていく。今まで読んだ本で、一番自由に書いてるように感じる本。

なんか今回は内容がないな。薄っぺらい。

まとめると、物語に振り回されたい人にオススメの本です。

About masa

masa 奈良県出身。 1990/10/15生まれ。 元看護師、現在ただのサラリーマン。 趣味・・・読書、映画、筋トレ 世界一周経験あり。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です