奈良の山奥に広がる雄大な景色。曽爾高原。

仙台から奈良に帰ってきてそろそろ1ヶ月。4月からの無職生活も板についてきて、無為な時間を過ごす事が上手くなってきた今日この頃。ジョジョと銀魂に時間を費やしています。やれやれです。

ただ目的と収入のない生活はやはり心もとなく、ニートの才能がないことを自覚。ニート凄い。何事にも才能が必要だと思い知らされる。


さて、雑談はこの辺にして今回はススキで有名な曽爾高原の紹介。有り余る時間を利用しふらふら行ってきました。

曽爾高原とは?

奈良県宇陀郡曽爾村にある高原。

アクセス:名張駅からバスで37分、太良路バス停から徒歩で55分。(曽爾高原行きバスだと、バス停から徒歩20分)

駐車場完備。

日本300名山の1つ倶留尊山(標高1038m)。この山から亀の背に似た亀山(標高849m)を結ぶ西麓に広がっている。

曽爾高原はススキで一面覆われた草原で、3月中頃に毎年山焼きが行われ、春から夏にかけては一面に青い絨毯が敷かれたような爽快な姿を見る事が出来る。

行った時の写真

秋にはススキの穂が陽射しを浴びて銀色・金色に輝く。この時期には毎年多くの観光客が訪れる。今回はまだ時期じゃなかったので写真を撮る事が出来なかったが、やはりこの時期はおススメ。

また、曽爾高原の中腹には「お亀伝説」が残る亀池があり、湿原特有に希少な植物を見る事が出来るらしい。(興味がないので見てない。)


いつもは秋に行くのだが、今回は初めての夏の曽爾高原。

見渡す限りに広がる草原を、秋とは違う夏特有の爽やかな風が吹き抜け、日常を忘れさせる。あっ無職だった。危ねぇ、自然すげぇ。まぁただただ来てよかった。素直にそう思える場所です。鹿と大仏だけじゃないです奈良。

昼間も自然が素敵だが、陽が沈んでくる頃、更にその魅力が引き立たされる。黄金色の陽が草原を照らし、あたり一面を違う景色に塗り替える。ジョジョに、あっ徐々に移り変わるその姿は見ていて壮大に幻想的。

行った時は少し雲が重かったが、もう少し薄く広がれば更に美しくなっただろう。ただこれでもかなり美しい。

秋と比べて何よりいいのは人が少ない事。殆ど人がいない為、ゆっくり静かに鑑賞できる。人が少ないというのは美しさを際立たせる。

ここから更に陽が沈むとまた違う姿に。

いやー良いですね。ただ草原には当然のことながら街灯がない為、足元は注意しないといけない。

帰る頃には、足元も見えないほどの闇が周りを埋め尽くす。そんな中アイフォンのライトを頼りになんとか駐車場へ。

少し肌寒くなってきた今日この頃。草原すぐ近くにある「お亀の湯」に入り帰路へ。ちなみに「お亀の湯」は柔らかお湯で、肌がめちゃくちゃすべすべになる。凄いおすすめで、曽爾高原に行った際には是非立ち寄ってもらいたい場所。ちなみに僕はおっさん2人で行って、すべすべのおっさん2人で帰りました。

以上曽爾高原紹介でした。またちょこちょこアップします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です