世界一周 おススメ 持ち物

世界一周に絶対必要な物はパスポート、クレジットカード、スマートフォン の3つ。しかし、それ以外にも持っていくと便利な物があるので紹介。


①セームタオル

セームタオルは水泳選手などがよく使っているタオル。特徴としては速乾性があり、吸水力もかなり高い。そして絞れば何度でも使える。

  • メリット
  • すぐに乾く、絞るだけで何度でも使える、吸水力が高い。
  • ドミトリーで乾かす必要がある時に助かる。
    • デメリット
  • 乾くと硬くなるため、収納が難しい。
  • しっかり乾かさないと、生乾きの匂いが出たり、カビが生える可能性がある。
  • ②南京錠

    鍵を用いて開けるもの、ダイアルで開けるものなどあるが、オススメはダイアルで開ける南京錠。

    • メリット
  • リュックのファスナーをロックすることができる。
  • 宿にセーフティーボックスがあっても、鍵がない所もあるため、セーフティーボックスにも使える。
  • リュックにつけているだけで安心感が増す。
    • デメリット
  • 鍵を無くしたり、ダイアル番号を忘れると解錠できない。
  • ③アイマスク、耳栓

    空港泊や、ドミトリーでは明るかったり、うるさかったりすることがあり、良質な睡眠が取れない事がある。眠れないと、集中力が低下して、危険のリスクも上昇する為是非この2つを持って行って、睡眠の質を上げて欲しい。

    • メリット
  • 持ち運びが楽、睡眠の質が上がる、ドミトリーでも比較的快適に過ごす事ができる。
    • デメリット

    完全に光や音を遮断するため、空港泊などでは少し怖いと感じる時もある。

    ④ウタマロ洗濯石鹸

    長期の旅行で必須になる事が洗濯。宿で洗濯できる所もあるが、お金がかかる所が多い、若しくは洗濯自体できない所がある。

    そこでシャワー室で自分で洗う必要が出てくる。そんな時に実に便利なのがウタマロ洗濯石鹸。自分は一個で約2ヶ月もった。

    • メリット
  • 固形石鹸の為持ち運びが簡単。
  • 洗浄力が強く、衣類がとても綺麗になる上に、臭いも取れる。
    • デメリット
  • 固形石鹸を入れるためのケースを別で買う必要がある。
  • 華やかな匂いではない。
  • ⑤チェーン付き財布、首かけ・腰巻財布

  • 日本は治安がいい為必要性は低いが、スリが多い国は実に多い。紙幣を盗まれるならまだしも、パスポートや携帯、クレジットカードを盗まれると少し厄介。

    そこで盗難率を下げるために有効なのが上記の3つ。

    • メリット
  • 盗難率が下がる。
  • 安心感が生まれる。
    • デメリット
  • お洒落とは言えない。
  • 首かけ、腹巻などは汗などで汚染する可能性がある。
  • 首かけの紐が見えると、逆に狙われる事もある(特に南米では多い)。
  • 紙幣など取り出しづらい。

  • 以上があれば便利な持ち物でした。もっと小さくて便利な物なども東急ハンズなどでは販売しているので、是非旅行前に見て下さい。
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です