6/30 インターシティバスでダニーデン からクライストチャーチへ

起床後、宿の猫としばらく戯れて過ごす。非常に人懐っこく、呼ぶと膝の上に乗ってくる。普段は動物をあまり可愛いと思わないけど、連れて帰りたい程可愛い猫でした。

AM7:00過ぎ、宿を出発。今回もインターシティバスを利用し、クライストチャーチへ移動する。バス停はカウントダウンスーパーのすぐ隣。今回は2階建の大きなバスだった。

いつも通り名前を告げて乗車。トイレなし、WiFiあり(弱い)、充電ポートあり。3回このバス会社を利用したが、結局トイレの付いているバスには出会わなかった。

クライストチャーチまでは約6時間の道のり。途中30分程度の休憩を挟む為、意外と疲労感はない。

クライストチャーチバスターミナルに到着後は、市バスに乗り換えてクライストチャーチ空港を目指す。エアポート行きのバスが電光掲示板に表示される為、非常にわかりやすい。所要時間は約30分。目的地を運転手に伝えれば切符を買うことができる。

クライストチャーチ空港到着時は15時ぐらいだったけど、すでに夕方の雰囲気。昼間がほとんどない。

クライストチャーチ空港

空港で夕食を済ませる。おそらくタイ料理。$14.5。意外と美味しくて箸が進んだ。ただ写真で見ると不味そう。シンプルな焼きそばが食べたい。

明日は早朝の便に乗ってオーストラリアはシドニーへ向かう予定のため、今日は空港泊。空港泊ばかりしている気がする。大好き空港泊。

車椅子トイレの中にシャワーがあったが、なんとなく使いにくい雰囲気で使用せず。一晩シャワーは我慢。

調べたところによると、クライストチャーチ空港は国際線到着口のみ24時間(他は21時に閉まるらしい)らしく、そこでしか寝ることが出来ないらしい。しかも、横になると係員に起こされるみたいで、座りながら寝ないといけない。今までで1番シビア。

WiFiは使いたい放題で、充電ポートもチラホラ見かける。肘掛のない椅子もあるが、前述した情報通りだと横にはなれない。到着ロビーに売店があるので、食べ物、飲み物には困らないが、空港料金なので高い。世界一周最期の空港泊をシビアに過ごします。

国際線到着口

明日は18カ国目、最終国オーストラリアへ。

英語も喋れず、1人旅もそんなにしていなかった自分が、初めての海外を1人で行った場所がオーストラリア。丁度5年前のこの時期。1人で海外に行ってることを知った先輩から、ドン引きした声で電話がかかって来た事が懐かしい。

その時にはまさか1人で世界一周するなんて夢にも思っていなかった。5年間様々な事を経験し(5年経っても英語は喋れなかったし、今も無理)、世界一周も終えようとしている自分が、2度目のオーストラリアをどう感じるのかが楽しみ。

では最期の空港泊を満喫します。