6/15 アマゾネス航空で、ウユニ空港からラパス空港へ

1番に宿の食堂入り。朝食を食べたあと、宿の人に呼んでもらったタクシーに乗りウユニ空港へ。8:30に予約しており、どうせ遅れるだろうと踏んでいたが、まさかの5分前行動。今までの国で初めてかもしれない。ちなみに空港までは15ボリ(240円)だった。

空港は小規模で、入り口を入ればすぐにチェックインカウンターがある。そこで無事チェックイン終了。

ただここで問題が発生。まさかの空港税を11ボリ(170円程度)徴収されるということに。てっきりチケット代に含まれていると思っており、手元には4ボリしかない。払わないと通さないとちっさいおっさんに言われ、チケット回収。 全身で残念な様子を表現してみたが通してもらえず。シビアなおっさん。

ATMもなし、外貨交換は出来るみたいだが、ドルオンリー。財布には日本円のみ。他の客に借りろと言われる始末。それはそれで面倒くさい。

しかし他に手はなく、いよいよ他の客に借りようと決心した頃に、空港税の徴収係がちっさいおっさんから女性に変更。女性が周囲を気にしながら、小さい声で話かけてくる。「4ボリで良いから通りなさい。」本当に有難い。嬉しくて涙が出そうだった。危うく170円程度で出発出来ない羽目になるところを、女性職員のおかげで無事出発。

出発前に再び女性職員とすれ違った時に、笑顔で手を振ってくれる素敵な人でした。

そして、行きと同じようにおもちゃみたいな飛行機でウユニ出発。

行きは高山病で気付かなかったけど、かなり揺れる。しかもプロペラの横の席だった為、恐怖倍増。飛行機に乗っていて怖かったのは初めてかもしれない。

1時間程度でラパス空港到着。現在トランジット待ち。1度サンタクルス空港に行き、そこからブエノスアイレスへ飛ぶ予定。

やっぱりラパス空港にいるとしんどくなる。息を吸っているのに、入っていかないような感覚。少し歩くと軽く息切れがする。幸い頭痛は出てないけど、胃は少し悪い。そしてラウンジのご飯が美味しくない。

酸素の濃い場所がいよいよ恋しくなってきました。

About masa

masa 奈良県出身。 1990/10/15生まれ。 元看護師、現在ただのサラリーマン。 趣味・・・読書、映画、筋トレ 世界一周経験あり。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です