世界一周記

6/9 ジェットブルーでペルーはリマへ

更新日:

昨日の乗り継ぎ失敗事件から丸一日。肘掛けがあるベンチしか確保できず、小さく丸まり入眠した。アイマスクの効果が凄く、あれをつけてると姿勢が悪くても、結構疲労が取れる気がする。

何はともあれ今日の夕方ペルーリベンジ。今回はspirit航空ではなく、ジェットブルー航空。


ジェットブルー航空

アメリカの、LCCである。運賃の安さに加えて、後半席のシートピッチの拡張やシートのグレードの向上などの点を特長としている。 アメリカ合衆国の国内線に加え、メキシコ、カリブ海諸国、南米北部への国際線を運航する。

トリップアドバイザーの口コミで星4つと高評価(spirit航空は星2つ)な航空会社。


上記の評価もあり、今日は無事ペルーのリマに着けると思っているが、天候だけは読めないところ。ペルーへは22時到着予定。


ペルー、リマ

南米大陸の太平洋岸の中心となるのが、人口約911万人を擁するペルーの首都リマ。

チャラと呼ばれる海岸砂漠地帯に位置しており、年間を通してほとんど雨が降らない。ただし6〜9月の冬の間は、ガルーアと呼ばれる海霧が空を覆い、わずかながら雨が降ることもある。湿度は90%を越えどんよりとした曇天が続く。

スペインの征服者によって、作られた建造物が建っている旧市街は世界遺産登録されている。

リマには植民地時代の文化と、近代文化が融合する事なく入り乱れている。伝統を守り続ける心と、新しいものを取り入れようとするパワーが溢れる街らしい。


出発まで時間があるため、空港でゆっくり過ごす。そこまで大きい空港ではないが、飲み食いには困らない程度に店は入っている。ただ空港料金で水500mlが3ドルほどするのが痛いところ。

昼食はターミナル3の手荷物検査場を出て、すぐ右にあるアジア料理店へ。フライドライスを注文。色が濃い割りに、味は素材の味しかしない。久し振りに、みりんと醤油が食べたくなった今日この頃。

12ドル めっちゃ高い。

昼からも空港で調べ物や、小説を読んだりして過ごす予定。

-世界一周記

Copyright© masa-thing , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.