5/31 トロントからメガバスでナイアガラの滝へ

今朝は快晴。朝夕は少し肌寒いが、自分にとっては丁度いい。

本日はナイアガラの滝を見に行く予定のため、カレッジストリートにある宿から、バスステーションへ。約20〜30分程度の道のり。道中カナダらしく、至る所でリスを見る事ができる。

https://masaki-blog.com/wp-content/uploads/2019/06/img_2654.mov

バス停で同期と合流し、バスの時間を待つ。ちなみにバスステーションはこんな感じ。

今回利用したバスは、メガバス。 興味のある人は下記参照。


メガバス

2003年にイギリスで運行を開始した、長距離格安バス。カナダではトロント、キングストン、モントリオールを拠点に運行しており、ニューヨークに行く便もある。

ナイアガラの滝まではおよそ2時間程度、バスにはWi-fi、充電ポート、トイレがあった。そして何より嬉しいのが、往復20カナダドル(1600円程度)。オンライン予約が早ければ、もっと安くなるらしい。ちなみに乗車時はPDFを見せるだけで乗車可能。座席は決まっておらず、早い者勝ちなので、早目に着いておくのが無難。


そうこうしているうちにナイアガラフォールズバスステーション到着。メジャーな観光地だし、何も調べなくても大丈夫だろうと油断したのが甘かった・・・

降りてすぐに、滝へのアナウンスがあるのかと思っていたが、ほとんどない(英語で書いてあるのかも知れない…)。

ステーションの受付に聞き、取り敢えずWEGOというバスが出てるから、それに乗れば行けるとのことで早速チケット購入。シングルチケットはなく、24時間利用可能で9カナダドル。早速来たバスに乗り込むも、5分程度でもう滝が見えてくる。全然歩ける距離。買わなくても良かったのでは…

まぁ良しとして、滝観光。


ナイアガラの滝

ナイアガラの滝は、アフリカのビクトリアの滝、南米のイグアスの滝と並ぶ世界三大瀑布のひとつ。しかし、様々な理由によりナイアガラの滝は世界遺産ではない。

高さ54m、幅670mの巨大な滝は、1万2000年前に、氷河が削った断層にできた事が始まりらしい。現在の位置は水位により、当時より約13kmも上流に移動している。

カナダとアメリカにまたがっており、カナダ滝とアメリカ滝、そしてブライダルベール滝(どこかわからなかった。)に分かれている。両国ともにナイアガラフォールズという名前が付いている為、注意が必要。


滝が流れている川沿いに、道が出来ており、どこからでも滝を見る事ができる。遠く離れた場所にまで飛沫が飛んできており、なかなか濡れる。近くにはお土産物屋や、フードコートみたいやものもあり、食事も済ませる事ができる。

観光地という事もあって、危険な感じもなく、親切な人が多い印象。

カナダ滝

普段はアトラクションなどほぼ参加しないが、ナイアガラの滝の下まで行けるボートツアーに参加。

ホーンブロワー・ナイアガラ・クルーズと言い、大人1人25.95カナダドル、子供1人15.95ドル(1カナダドル、現在約80円)で参加する事ができる。

めちゃめちゃ濡れる為、ポンチョの様な物が貰える。ただ顔はびしょ濡れ。

滝の麓に行くにしたがい、うねる波が強くなる。打ち付ける波が、船体を上下に激しく揺らす。飛沫は滝が作り出す風圧と共に、嵐の様に全身に吹き付ける。目が開けられない。あたり一面が飛沫によって白く塗り潰される。そこから覗く滝の美しい、力強さ。正直遠目ではダムみたいだと思ったけど、真下では違う。

まぁ百聞は一見にしかず。

https://masaki-blog.com/wp-content/uploads/2019/06/img_2687.mov

滝の麓を堪能した後は、アメリカ側からアメリカ滝を見に行く。

徒歩で初の国境越え。カナダ出国時は1ドルを改札の様な物に入れるだけで通れる。そこから長い橋を徒歩で渡っていく。

左アメリカ滝、右カナダ滝
国境を示すプレート

5分前後でアメリカ側へ到着。

アメリカの入国審査時、何を言っているか聞き取れず、適当に返事をする。何かわからないけど、取り敢えず6ドル必要らしい。スタンプいるか?みたいな事を言っていた為、記念の入国スタンプ代だと何故か解釈していた。

しかし、調べてみるとESTAを持っていない人が払う代金が6ドルだったらしい。ESTAを持っていたのに無駄に払った。今朝わざわざ用意したのに…普通に考えれば提出しただろうけど、油断に油断が重なった。

そして、追い討ちをかける様に、入国審査時に脱いだ帽子をなくすというおっちょこちょい。まぁ買い替え時だし、それはそれで問題ないけど。

何はともあれアメリカ側からも滝を見る事が出来ました。気のせいかもしれないが、アメリカ側とカナダ側は雰囲気が若干違う気がする。

アメリカ側

そして夕方同じくメガバスでトロントへ。カナダの人は本当に親切で、バスで席を譲ったり、先に行かせてくれたりと素敵です。

夕食は昨日に引き続き日本食。ラーメン雷神という店へ。

店内に入ってまず驚いたのは、スタッフが全員日本人。本当に日本のラーメン屋をまんまイメージしてもらって間違いない。ラーメンの味は、日本より少し肉の臭いが強い気がするが普通に美味しい。久しぶりにダシという物を感じました。ラーメン1杯12カナダドルぐらい。

久しぶりに日本人の働き方を見ると、逆に異様なものを感じる不思議。自分もそうやって働いていたはずなのに、流石は無職の力。たった2ヶ月ぐらいしか経ってないけど、物の見方は変わると実感。

明日は雨予報だし、アベンジャーズでも観に行く予定。カナダではとことん休息します。

About masa

masa 奈良県出身。 1990/10/15生まれ。 元看護師、現在ただのサラリーマン。 趣味・・・読書、映画、筋トレ 世界一周経験あり。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です