[ 世界一周記 ]

5/16 プラハ散策

冬の香りがする冷えた朝、道を行く人にはダウンを着ている人もいる。石畳を走る車は、軽快な音を鳴らしながら走っていく。ホテルの前ではモニュメントの工事を行なっており、プラハでの日常を感じさせる。その光景を尻目に早速プラハ散策へ。

空にまで像を飾るストイックさ。

まずは朝食を食べにカフェへ。プラハはカフェ文化が根付いているようで、朝食を食べながらゆっくりしている人が結構いる。ガイドブックによれば、空間を楽しむものらしい。カフェのパンの相場は日本と同じぐらい。

食後はプラハに来た目的の一つである、ムハ美術館へ。絵画について何の知識もないので語る気は全くないが、只々素敵だと思ってしまう。大阪の堺で見てからのファン。

この人の絵は見ていてシンプルに落ち着く。部屋に一枚飾れば、その場が明るく落ち着いた雰囲気になるのじゃないかと思うぐらい。スタッフが、本当はお金がかかる日本語のパンフレットを、プレゼントと言ってくれた為、ある程度意味合いも理解しながら見ることが出来た。

ムハはこんな絵を描く。

夕食はハンガリーで会った人と合流。

チェコは個人あたりのビール消費量が世界一になる程のビール大国。店でも一杯200円程度で、スーパーでは物によるが50円程度から購入出来る。その上、味も美味しく飲みやすい。

1軒目はカフェで軽く飲みながら、もう1人の合流を待つ。

結構量が多い。
ポテトフライ
オリーブ漬け

もう1人が合流し、3人になった所で2軒目へ。2軒目は食がメイン。

牛のカルパッチョやタルタルが非常に美味しく、今回の旅でも1番美味しいと思うぐらいだった。そして当然ビールは安い。

2軒目
店内の様子
牛のカルパッチョ
牛のタルタル
わさびの味がするハム。

食べ終えた時には0時前であり、ライトアップされたプラハ城を遠目に眺めて解散。

明日は世界一美しい街と言われている、チェスキークルムロフへ。

タグ:

masa

masa 奈良県出身。

1990/10/15生まれ。

看護師。
好きなもの旅行・医療・筋トレ・読書。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です