4/29 ヨルダン 宿 themulberry

題名は現在泊まっているゲストハウスの名前。部屋は清潔感があり、何より二段ベットじゃないことが良い。しかもWiFiがめちゃくちゃ早い(最後は壊れて使用できなかったが…)一泊2000円弱程度で泊まれるのなら、実に安いと感じる宿だったので、少し紹介。

入り口の門。ここを進めば受付がある。
受付
3人部屋

何より良いのは、オーナーの人柄。いつも明るく、英語がわからない僕に対しても実に優しかった。オーナーだけじゃなくヨルダンの人達は親切で優しい人が多かった。

イスラム国やイラク戦争もあり、危険なイメージを持ちがちな中東。しかしヨルダンは紛争の難民を受け入れていたり、キリスト教が迫害されそうになった時に、イスラム教の人が守ったりと実に人情深い。目に優しさを込めた人が多い街だった。(今空港でこれを書いているが、その隣で乗り場の分からない人を一緒に付いて行って案内している人がいる。みんな親切。)

少し脱線したが、この人柄に集まるのか、ゲストも皆優しく明るい人が多かった。

この庭でいつも誰かが喋っており、通りかかるといつも話しかけてくれる。食事に一緒に行こうと、声をかけてくれるゲストが多かった。(誘ってくれた夜は、ペトラでへばり過ぎて行けなかったのが残念でならない。)

ちなみにトイレとバスは同じ空間。シャワーカーテンで区切る感じ。シャワーの水がトイレにまで流れることが多々ある為、気になる人はサンダルがあれば良いと思う。

そしてこの宿は何と言っても立地が良い。ダウンタウンから少し離れている為、手軽に町歩きとは行かないが、ペトラや死海に行くには丁度良い場所にある。近所にスーパーもある為、食料品や日用雑貨も困らない。

またヨルダンに来ることがあれば、使いたいと思える宿だった。

そしてそんなヨルダンを離れ、次はギリシャのサントリーニ島へ。朝4時のフライトの為、夜間は空港で過ごします。

About masa

masa 奈良県出身。 1990/10/15生まれ。 元看護師、現在ただのサラリーマン。 趣味・・・読書、映画、筋トレ 世界一周経験あり。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です